fetish hole

18禁の内容です。フェチズムやSMに関するものと心の内面にフォーカスした内容が多いです。

僕の変身願望⑤〜僕の告白〜

お姉さんは僕の話を聞いてくれるだろうか。

この間みたいな、写真をあげたら返ってきたコメントではないコメントが欲しい。

きっと違うコメントをくれるはずだ。

 

「あの、話したいことがあって…。」

僕は乾いた喉に唾を飲み込む。

「何、あらたまって。」

お姉さんの表情は変わらないけれども、視線の先は僕の目だ。

「僕、昔からなんていうか…タイツが好きで。女性のタイツに魅了されて…。」

「ふむ。それで?それは極めて正常な告白だよね。」

「えーっと、もっと言えば、僕自身もタイツを履きたい気持ちがあって。でもどこかで否定していた自分がいて。ああいうのは、一部の人が嗜むものだと。…例えば…お姉さんみたいな…。」

僕はお姉さんから視線を逸らす。

「あははは。何それ、ウケるね。私は神か何かなの⁈ そういう性癖だって受け入れただけでしょう?おめでとう…同志よ。」

そう言って僕にビールを注ぐ。

「えーっと…アッサリなんですね。」

「アッサリも何もさ。タイツに包まれてタイツの幼虫になりたいとかさ、それが成長してタイツの繭から生まれたタイツ人間になりたいとか、クソ真面目考えている人間に言ってんだもん。私からしたら仲間がいて嬉しい意外に何があんの?」

「えっ…。」

「もしかして、幼気な少年に何か植え付けたのかしら?ああ、罪深い女だわ‼︎あははは。」

お姉さんはケタケタ笑っていた。

「それで、何を見せてくれるの?」

お姉さんは逸らした僕の目線を追跡し、僕を覗きこむ。

もう僕は見せるしかなかった。

「先日、初めて着てみたんです。とても…なんていうか、不思議な感じがして…僕は僕じゃなくなる気がしました…。」

僕の耳が次第に熱を帯びていくのが分かる。

「僕は僕じゃなくなる気がして…?」

お姉さんはずっとこちらを見つめている。

「僕はとても興奮しました…ッ。」

…僕はお姉さんにめちゃくちゃにされたい!

意気地なしの僕からは、そんな勇気ある発言は繰り出せなかった。

 

「可愛い…。」

僕のペニスはギンギンになっていた。

 

何となくお預けを食らっている僕は、勝手にお姉さんに首輪をつけられて、リードで引かれている気分になった。

そんな風に思えば思うほど、恥ずかしさと興奮が増していった。

 

「そろそろ時間だし、お会計しよっか。」

お姉さんは何事も無かったように視線を戻し、平常運転に。

「あ…はいっ。」

僕と僕のペニスは少し悲しい気持ちになり、縮こまってしまった。

…お姉さん、僕のことを遊んでいるのかな…。

少し不安になりながらお店を出た。

 

僕の変身願望④~おねえさん~

SNS-その頃の規制は緩かった。

僕とお姉さんの出会い(出会っても居なかったけれど)緩い世代間の繋がりで、その緩いまま、何かにつけてやり取りは地味に継続していた。

僕は裏垢こそ最近作ったものの、SNSには異存気味であるくらい色んなものに手を出していた。

 

「当時、お姉さんは24歳だったんですよ、僕は17歳でしたかね…」

と焼いた肉を皿に置きながら答えた。

規制が緩いにしたって、すごい時代だった。インターネットが流通して、まだ大きな事件が起こる前のSNSというか、ネットは緩かった。

「えー、それ本当に!?私すごく罪深い人間じゃない。いや、本当に罪だわ。」

「いえいえ、あの頃は規制なんてないようなものだったじゃないですか。」

「そういう問題じゃなくってさ。私今より危なかったからさ、不安定だったし。いやよく真面な大人でいてくれたよ。ありがとう。もう私死ぬわ。」

「だからなんで死ぬ話になるんですか!!」

 

17歳の僕は、女性のタイツ姿に魅了されていた。顔なんかよりも断然タイツに包まれた脚のフォルム。

生足では到底表現できない美しさがそこにはあって、僕はそのフォルムにずっと憧れていた。

10代の僕が実践することはなかったが、そのお姉さんの「日記」をずっと読み続けていた。

関係だけは緩く長くと続いていたので、どちらかというと私の内面をダイレクトに知っている数少ない人でもある。

 

僕はお姉さんの心の中にいる気分だった。

お姉さんはずっと何かに悩み、苦しみ、そして欲望をありのままに書いていた。

時々タイツ姿をあげることがあって、僕はそれに歓喜したし、時々、覗きをしているのではないかと思うほどであった。

 

あの日以来、僕は少しばかり勇気が出て、勇気を振り絞ってお姉さんに

「会いませんか?」

と声をかけた。

お姉さんは「本気で言ってんの?何のために?」

というレスだったが、

「まあまあ長い付き合いだしね」

という返事をもらって、会う運びになった。

 

お姉さんはお付き合いしている人はいて、結婚を前提にしているけれど、本当は結婚なんかしたくないってことを僕は知っている。

体調には波があって、その波がしばしばひどく下がる時は、その時には死にたくなるくらい辛そうで、上がる時は獣のような渇望が表現される。

所謂メンヘラというカテゴリに該当するのだろうが、僕はカウンセラーでも医者でもないし、まあ人間らしくて良いんじゃないかと思っているし、寧ろ人らしくて良い。

僕だって変身願望があって、それを公言せずにきているし、言葉でどんな風に表現すれば良いのか分からないままでいるんだ。

きっとこのままいっても、happyな結婚生活なんて無理なのだろう。

 

結婚相談じゃなくて、お姉さんに僕の性癖をきちんと話すと、僕は少しまた安心できる気がした。

お姉さんは僕の話を肉を食べながら「うん、うん」と聞いてくれた。

僕の性癖を少しずつ紐解いていく作業を手伝ってくれている気分だった。

 

 

僕の変身願望③~僕の価値~

僕は精液と汗を拭きとり、ゼンタイを脱いでシャワーを浴びた。

シャワーを浴びる間も、先ほどの初めての感覚が忘れられず、僕のペニスそれに合わせるように反応する。

これをSNSにあげるとどうなるのかな…。

どうせ僕だってわからないしな。

名前だってfakeだし。

 

少し冷静になった頭で、自分がシャッターを切った写真を見る。

これ自分なのかなと考えてしまうほど、通常の自分からはかけ離れた人型の写真が写る。

これは僕じゃないし、僕であったとしても、僕は美しい…。

こんな僕がいるんだ…新しい世界を発見できた気がした。

 

腰をくねらせ振りむくような写真を1枚pickupした。

なんて投稿しようか…無難に「初めて着ました」くらいのシンプルなコメントにでもしておこうか。

そんなことを考えても仕方ない…だって僕のフォロワー、僕がフォローした後のフォローバックでついている人ばかりだし、20人くらいしかいないし、色んな性癖があるからきっと僕になんて反応しないだろうし…。

 

アップした。

 

あげたことに満足した僕は、1週間の溜まった家事をすることに。

洗濯、掃除はルンバにお任せして、トイレ掃除、ゴミ出しに買い出し、事務処理等など。

 

一息つくためにコーヒーを淹れ、スマホを手にする。

皆暇なのだろうか。

いいねが数十件、拡散もいくらか…コメントもいくつか

 

「美しいです」

「Nice」

「素晴らしいです。俺と一緒にプレイしませんか」

「尻がたまらん」

「構図がたまりません」

「いいゼンタイですね」

 

僕が男性であるとどれだけ認識しているのだろうか。

(ペニスと分かるような構図は投稿していないからどうとでも取れるのか)

 

こんなにも反響が来るものなのかと少し驚く、いや少しだけではない。

かなり驚く!!

僕の仮説は当たっていたのかもしれない。

顔を隠せば僕は性別を限りなく消せるんだ。

僕が感じたように、ペニスという存在も、ひょっとしたら通常の裸の男性のペニスとは異なる見方をされるのかもしれない。

そうすると僕は僕でない新しい僕を見つけられるかもしれないし、僕の中で悶々としていた「男性性への脱却」は実現できるのかもしれない。

僕は少し嬉しくなった。

僕の変身願望②~無表情な有機体~

女の子になりたいけれども、それはとてもおこがましい。

だからと言ってゲイな訳ではない。

女王様の言うことを聞きたいか、鞭や蝋燭は興味がない。

せめて、せめて男性性を無くしたい。

…そんな人達はいないものだろうか…??

 

誰かのリツイートで、とあるサンプルムービーを目の当たりにする。

のっぺらぼうの女性が、のっぺらぼうの男性に責められている。

縛られて、電マを当てられて…とても気持ちよさそうだし、何より美しい。

そしてそれは、この世界を全く知らない僕でも「僕」で無くなる気がした。

なんだかよく分からない高揚感が出てきて、僕はその女優さんになったつもりでいた。

ハイヒールを履いたタイツ姿の僕は、縛られて、身動きが取れないまま、敏感なところへ電マを当てられる…僕は気が付くと射精していた…。

 

そのサンプルムービーを調べていくと、それは「ゼンタイ」というらしい。

フルオーダーやオークションサイト等割とよく知られているもののようだ(単に僕が知らなかっただけ…)。

よく分からないし、少し安価なものから、ブランドと思しきものを購入する。

 

物は僕が仕事で忙しいウィークデーを過ごしている間に到着した。

物流が豊かな日本に生まれたことを感謝しつつ、ブランドと思しきもののゼンタイに腕を通す。

ピタッと張り付き、身体が新たな皮膚を纏うような感覚…生地が吸い付く感覚。

「僕が昔お母さんのストッキングを履いたのと同じ感覚だ…」

しわやヨレを直しながら、どんどんと生地を覆っていく。

だんだん僕は違う生き物になっていく感覚だ。

真っ青なタイツの人間が鏡の前にいる。

顔は僕のままだけれど…。

でも、でも、自分で言うのもなんだけれど、そこにはすね毛も腋毛も存在していなくて、性を感じさせるものはペニスくらいなもの。

そしてそのペニスでさえも、くっきり浮き上がり、如何わしいというよりは、一種の造形美のような気さえする。

何より、着ているだけで気持ちい良いのだ。

あー、こんなものであのAVは撮影されていたのか。

何という世界なのだろうか…。

僕は足をクロスさせ、内股にしながら腿を擦り合わせる。

「あっ…これはだめなやつだ」

指先で乳首に触れてみる…。

タイツ生地に覆われた乳首を、生地で覆われた指先がそっと触れる。

「気持ちいい…」

自分のアソコが固くなっていくのが分かる。

 

ああいけない、僕は自慰目的ではないのだ。

とにかく僕はまず変身をしないといけない。

そして、その変身した姿を見ることが目的なのだ。

勃起したまま、僕は頭をすっぽり覆う。

うっすら視界は見えるが、ほぼ見えない。

 

予め決めていた場所に立ち、僕は遠隔でとれるようにセットしたカメラの前に立つ。

始めは直立で。

次は少し内股で…。

だんだんと自分が高揚していくのが分かる…だっていつもの僕でいる必要ないし。

腰をくねらせたり、頭をさすってみたり、乳首をいじってみたり。

生地が擦れるたびに快感回路が小さな爆発を起こす。

僕は気がつくとちんグリ返しの姿でペニスを扱いていた。

…生地がペニスに張り付く…あああん、気持ちいいよ…。

ペニスをこする右手が止まらない…

僕人間やめる、気持ちイイイイ‼‼‼‼‼

ペニスは自分でも信じられないくらいに固く反り返る。

ああん、僕のペニクリ、こんなに大きくなちゃった。

ああああ、もうイク‼‼‼‼‼

あっっ…

僕の白い液は僕の顔面にかかっていた。

…なんて僕は変態なんだろう…??

でもこのゼンタイというものはとても気持ちが良い。

 

僕の変身願望①~もどかしい気持ち~

ひと晩経つと、顎のあたりにうっすらと…そして毎朝、僕は女性のメイクの時間をそれに充てる。

変に剃り残しがあると、それは汚らしいし、憧れのあの人になんて思われるか分からない。

もともと僕はそんなにワイルドな感じでもなければ、かわいらしい顔と言われている。だから入念にチェックをし、髪形をセットし、会社へ行く。

 

僕には全然関係がないのに、僕は女性のメイクやファッションを見てしまう。

電車の中で、オフィスで…。僕もいつかああなりたいなって思いながら見ている。

どうやったらあんな風にプルンとした唇になるのだろう…?

あのパンストの色とスカートの合わせ方、素敵だな。

車内でメイクをする女…僕はあいつよりきっと元は良いはず。

なのにあいつは女で化粧を堂々とする権利を持っている…それはなんかとても理不尽な感がする。

 

僕は最近、新たに1つのアカウントを作った。そう、所謂「裏垢」というもの。

僕は自分の願望を叶えている人をフォローして、その人の世界観に浸ろうと思った。

 

その世界はとてもdeepな世界だった。

この性癖?みたいなものをもろともせず、顔は出すし、至る所へお出かけしている…ああ、僕にはそんな鋼のメンタルはないよ。

でも羨ましかった…そんな風にできていいなあって思った。

その世界の人は口々に言う「一度きりの人生だから」。

そうかもしれない、僕ときたら、毎日女性を見て羨ましがっているだけ…それだけ。

僕ももっと可愛らしいと言われたい!!

 

男性としてではなく、男の子として…できれば女の子のような男の子として(女の子というのは自分ではなんだかおこがましい気がする…)

 

deepな世界は色々だ。

mohairを纏って女装する人

ハイヒールとストッキング姿で脚を出す人

おっぱいを入れて女性キャラのコスをする人…

あーなんて奥が深いんだ。

入るスキすらない気がする…

いっそのこと、女の子も男の子も、そんなのもひっくるめた何かになりたい。

とにかく、違う何かになりたい。

Fish into the water

きっかけなんてものは不意にやってくる

意図せずにやってくる

そんな時は、なんか逃してはいけない気持ちになって

勇気を振り絞ってコンタクトを取ってみたりする

 

そんな風になるまでは、そんな風になった後でもいつだって不安

結局単なるはけ口にしか過ぎないのかとか

…私も見る人からするとはけ口なのかもしれないけれど

自分の中には明確な想いがあるけれども

それを伝えることは、相手にとって負担しかないのであまり言わないようにしている

どこまで言うのかもその人次第…

 

と、いろいろ考えてもキリがないので、機会があった時には

「会いたいか、会いたくないか」

 

いたって好青年

見るからに好青年

私に会うよりも、きっともっとふさわしい人はいるだろうに…

またそんな風に考えてしまう

 

待ち合わせをして、少し歩いてホテルへ行く

昼食を摂っていない私だけコンビニで買ったご飯を食べるけれど

食欲より気になる欲の方が勝って味なんてしない

早くどんな味がするのか、匂いがするのか、そっちが気になって仕方ない

 

「マスク、買って来たんです」

「え、どこで?いつ?」

「今日です。友人との約束の前に…」

 

もう被りたくて仕方ない。

欲求で被りたいのと、恥ずかしいのと…。

 

「被りたい、被りたい!!」

(早く、早く被せて、欲を出させて!!)

 

黒いナイロンのマスクを手にする

お口の部分だけ開いたマスク

照明を落としているせいもあるけれども、視界は良くわからない…

 

頭をゆっくり撫でられ、抱き寄せられ、唇の中に舌がにゅるっと入る

彼の唾液がじゅばっと私の口腔内へ流れ込む

あっ、良い…この感覚…泳いで行けそうな感覚

私は彼に覆いかぶさって、お互いの舌を絡め合う

いくらでも舌を自由に這わせてくれる

いくらでも唾液を受け止めてくれる

そして私もそれをする

 

ツキモノの私は、上半身は裸に、下はパンツとパンストを履いたままの姿になる

今度は私の身体に覆いかぶさる

乳首を優しく、ちゅぱちゅぱと音を鳴らしてしゃぶりついてきて

それがすごく気持ちよくってアヒャアヒャと声を鳴らす

私の乳首はあっという間に唾液まみれになり

私は気持ちよくて口から唾液をだらしなく垂らす

 

そして勃起したペニスが口へねじ込まれる

口への出し入れをする度に少しずつ膨張していく

その膨張に私の脳みそは追い付かずにえずく

…一瞬ペニスは口元から離れるけれど

またそれを繰り返す

さっき食べたものが上がってくる気持ち悪さと

ねじ込まれている快感が錯綜する

 

じゅぽじゅぽと出し入れが続き

やがて生温かい液が口腔内へ流れ込む

苦くない精液

私は余すことなく吸い付き、吸い付き、吸い尽くす

そしてゆっくり喉へ流す

「これが彼の味」

 

そして彼の脇の中へ顔をうずめる

そしてゆっくり息を吸う

彼の体臭を鼻腔から吸い込み

彼の身体の匂いを、鼻腔から脳みそへシグナルを送る

「これが彼の体臭」

そうやってインプットする

 

「僕、ドMでもあるんですよ…。マスク被っても良いですか?」

そうして、私のマスクを彼が被る。

さっきまで私が被っていた、化粧と汗と唾液まみれのマスクを被る

 

マスク姿の男性

マスクにパンツ姿の男性

 

ああ、なんてエロティックなんでしょう!!

「四つん這いになってもらっていいですか?」

「はい、こうですか」

 

マスク男性が私の言うことを聞いて四つん這いになっている

なんて素敵なフォルムなんでしょう…

突き出したお尻のライン、太もも

全てが愛おしい

お尻の穴に鼻をくっつけ、舌を這わせる

そして大きく深呼吸を繰り返す

また私の中でインプットする

「これが彼のお尻のニオイ」

そしてまたパンツ越しにお尻の穴を舐める

いくらでも唾液が出る

 

水槽があればね

私の頭の中では大きな水槽で彼を飼うのに…

 

 

 

1枚のかわ

その手でマスクを被せられたとき、自分の心臓の音が早くなるのが分かる

ジッパーで締め上げていくとき、ようやく私は我慢から解放される

もう相手の視線もも言動も気にしなくていいの

だって私は見えないんだもの

そして、私は相手の思い通りのお人形になる

 

 

完全なる視界遮断

1枚の素材を挟み、聴覚も鈍くなる

僅かな鼻部分に開けられた穴から必死で酸素を取り込む

 

指が身体に触れる

身体に電気が走る

いつもより数倍の快楽物質が脳からジュバッと溢れ出す

グレープフルーツを握りしめたときのように

果汁が飛び散るように

 

脳はもう快楽の言いなり

automatic modeへスイッチする

 

気持ち良すぎて

気持ち良すぎて

 

アーとかウーとか

そんな簡単な発生しか言えなくなる

 

むずかしいにほんごなんかわからない

そんなながいことばをいわないで

 

あ ごめんなさい ごめんなさい

いえないんです

いまのわたしにはながいにほんごはむずかしいんです

 

ああきもちがいいんです

 

ごめんなさい

とてもきもちがいいんです

 

だから あなたのまえでセイキをこすってもいいですか

きょかもないのに

こすりだしてごめんなさい

でも だって すごく きもちがいいんです

 

そして わたしは このすがたを あなたにみてもらいたいんです